温泉開発

大地が生み出す温泉

温泉は大地が生み出すダイナミックな自然現象です。 火山列島の日本には全国的に2万を越える源泉があると言われ、長野県も有数な温泉地です。

日本の温泉は水温が低くても成分が一定濃度含まれていれば温泉となります。 また逆に、成分が含まれていなくても水温が高ければ温泉になります。 どちらにしても地下水が無いことには話になりません。

サクセンは長野県を始め多くの地域で温泉開発を始め、地下水開発に携わってきました。 確かな技術で限られた温泉資源を有効かつ大事にして行きたいと考えています。

霧ヶ峰高原温泉の試掘

温泉について

日本の温泉は温泉法により定義されており、その定義に合わないものは温泉と称することはできません。 この法律の中で「温度が25℃以上か、規定された物質をひとつ以上含むもの」と定義されています。 そのため、25℃以下の温度であっても下記表の規定された物質がひとつでも基準以上含まれれば、 温泉法では温泉として取り扱われます。

含有物質名 化学式 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く)   総量1000mg以上
遊離炭酸 CO2 250mg以上
リチウムイオン Li+ 1mg以上
ストロンチウムイオン Sr++ 10mg以上
バリウムイオン Ba++ 5mg以上
フェロまたはフェリイオン Fe++,Fe+++ 10mg以上
第一マンガンイオン Mn++ 10mg以上
水素イオン H+ 1mg以上
臭素イオン Br- 5mg以上
ヨウ素イオン I- 1mg以上
フツ素イオン F- 2mg以上
ヒドロヒ酸イオン HAsO4-- 1.3mg以上
メタ亜ヒ酸イオン HAsO2 1mg以上
総イオウ S 1mg以上
メタホウ酸 HBO2 5mg以上
メタケイ酸 H2SiO2 50mg以上
重炭酸ナトリウム NaHCO3 340mg以上
ラドン Rn 20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩 Raとして 1億分の1mg以上

長野県でサクセンが施工した特長ある温泉

長野県でサクセンが施工した特長ある温泉
No. 温泉名 泉質 水温(℃) 特徴
1 北小谷温泉 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉 75.5  
2 白馬八方温泉 アルカリ性単純温泉 55.0 強アルカリ(PH11)
3 安曇野蝶ヶ岳温泉 単純弱放射能冷鉱泉 14.9  
4 上高地温泉 単純温泉 77.2  
5 乗鞍高原温泉 単純温泉 38.8  
6 御嶽明神温泉 Na・Ca-炭酸水素塩-硫酸塩温泉 47.5 硫酸イオンが多い
(482.1mg/kg)
7 たつの荒神山温泉 ナトリウム-炭酸水素塩温泉 37.2  
8 豊科温泉 ナトリウム-炭酸水素塩温泉 34.1  
9 諏訪七ツ釜源泉     間欠泉
10 諏訪新三ツ釜源泉 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉 98.0  
11 霧ヶ峰温泉 アルカリ性単純温泉 30.7  
12 茅野市金沢温泉 アルカリ性単純温泉 32.9  
13 ホットの湯 単純温泉 27.5  
14 佐久一萬里温泉 ナトリウム-塩化物温泉 38.4 塩化物量が極めて多い
(7698mg/kg)
15 サンピア佐久温泉 単純温泉 27.1  
16 飯綱高原天狗温泉 Na・Ca-塩化物・炭酸水素塩温泉 33.6 遊離二酸化炭素が多い
(799.4mg/kg)
17 竜王温泉 Na・Ca-塩化物-硫酸塩温泉 49.3 硫酸イオンが多い
(561.7mg/kg)
18 ドーミーイン松本温泉 Na・Ca-塩化物・炭酸水素塩温泉 27.0 松本駅前の温泉
19 信州まつかわ温泉清流苑 アルカリ性単純温泉 32.6  
温泉の施工実績はこちら

「温泉を掘りたい」、「温泉の湯量が少なくなっている」、など、お気軽にご相談下さい。

まずはお気軽にお問い合わせくださいTEL 0263-25-1802 FAX 0263-25-9642お問い合わせメールフォームはこちら
 
温泉の探し方はこちら温泉の堀り方はこちら温泉のメンテナンスについてはこちら